転職の経緯と入社後の実感。イクメンとの両立。

長く務めた前職場から同業種である税理士法人アップパートナーズへの転職を決意した高比良さん。
そのきっかけや仕事のやりがいなどをお聞きしました。

前職からの転職の経緯

前職からの転職の経緯

前職2社どちらも、同様の業種でした。13~4年在籍しておりましたが、結婚し子供が生まれた時点で先を予測してみた時、50代60代の給料目安では2人目を考えるのが少しつらいなと実感したのが転職のきっかけでした。
転職活動中、税理士法人アップパートナーズに目を留めたのは、サイトに給料関連の情報が掲載されていて明確な判断ができたからですね。キャリアアップの道筋も記載されており、ルートが豊富なことも魅力に感じました。そこでコンタクトを取り話を聞いてみて、諸々納得できたので入社しました。

業務部 高比良 光紘

入社後

転職のきっかけであった収入は、思っていた以上に対応していただけて満足しています。前職保証があり、ちゃんと収入が上がっているのを実感できます。
評価についても、正当に評価していただいています。前職では、個人のがんばりや実質的な成果について無反応なことが多かったので嬉しいです。

裁量や教育制度にも満足しています。わからないことは色々な方に質問できます。入社するまでは、大きな会社なので、皆さん淡々としているのかなと想像していましたが、実際入社してみると気さくな雰囲気でコミュニケーションも活発です。

前職での経験値はありますが、やはり会社ごとにルールが違いますので、慣れない面では迷惑をかけていると思うこともあります。
働きやすい環境ですが、今はまだ慣れない分残業が多いのが課題です。しかし、頑張っていけば改善していけるだろうという実感があります。

イクメンパパ

子供は今、3歳と1歳で本当に大変な時期です。以前は20時半に帰宅しても一緒にお風呂と寝かしつけをする余裕がありましたが、子供が幼稚園に通い出し、早起きになった分寝かしつけの時間が早まってしまいました。平日の夜のふれあいは寝顔だけになってしまいましたね。
その分、平日に残業日を設けて集中的に仕事を片付けるようにしています。土日を確実に空けて、しっかり子供と遊ぶためです。
日中ずっと子供に向き合ってくれている奥さんが、土日を首を長くして待っているのがわかるので、なんとしても応える努力をしています。

仕事のやりがいについて

お客様である経営者の方と直接お話できるのが魅力です。税務の話もしますが、お客様は経営や人生のお話もしていただけます。その話を差し支えない範囲で別のお客様にお話すると、とても興味を持って聞いてくださる事が多いです。イメージとしては、私をハブ(中継機)として、色々な方の思想が行き来し回っていく形です。それがなにかのきっかけになり、どこか深いところに到達することもあると思います。
含蓄のあるお話が多いので自分自身の指標に影響を受けることも多々あります。ちょっとした問いでも、親身になって考えてくださったり、刺さるアドバイスを頂くこともあります。
経営者の方々とお話すること自体が得難い経験なので、特に魅力を感じている部分です。

メッセージ

新しくこの業界に入ってみたいと考えている方へ

会計事務所の仕事は簿記・会計ソフトの操作・内勤的なイメージがあると思いますが、実際には経営者様とお話することのほうが多い、ギャップのある仕事です。
内勤が苦手だなと思う人も、一度先入観を外して検討してみてください。
一方で、お客様への訪問を苦手に感じる人もいると思います。
私自身もコミュニケーションに自信があるわけではなく、会話のキャッチボールが得意でもありませんが、お客様の要望などをしっかりと受け止めたいと考えています。
税理士法人アップパートナーズの場合、お客様への訪問メインでがんばりたい方、帳簿決算業務を専門にやりたい方、というふうに、希望する業務に合わせたキャリアルートが描けます。
実際にそれぞれの方向性で特化した方がいらっしゃるので、将来をイメージしやすい仕事です。

税理士法人アップパートナーズでの様々な働き方